So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

97★亜無亜危異 「アナーキー・シティ」 [邦楽]

マリさんありがとう。

酔っ払っていただけかもしれないし、
ふと気まぐれに思いつきで言っただけかもしれない。

だけど16年前、あなたが僕に言ってくれた言葉、
僕は今もずっと信じてロックしています。


亜無亜危異 「アナーキー・シティ」
anarchycity.jpg

コメント(4) 

マリアンヌMV [邦楽]

コメント(3) 
共通テーマ:音楽

96★CULT FLOWERS 「マリアンヌ/星になるのさ」 [邦楽]

CULT FLOWERS 7inch Vinyl+CD
「マリアンヌ/星になるのさ」 2016.7.1 OUT

http://cultflowers.net/

https://december-recording.stores.jp/

marianne.jpg


コメント(7) 

95★THE APRYL FOOL 「APRYL FOOL」 [邦楽]

もう4月なんだってね。

約束のない散歩道を歩きながら、
名前を無くした月がいくつもいくつも通り過ぎて行く。

僕らは能天気に笑いながら、
だけど苛立つ胸の奥をどうにか爆発させる術はないかと
いつもいつもいつもいつもギターを弾いている。

葡萄畑でビデオテープを回す要領で。

次に会った時には強く深く名前を刻み込んであげられるように。
そうじゃなきゃゴミのようなもんさ。

どうなるのって?知らないね。
やらないのって?どうだろうね。

けど俺達はなにひとつ変わっちゃいないよ。
俺達がカルトフラワーズ。
ロックンロールバンドさ。


THE APRYL FOOL 「APRYL FOOL」
aprylfool.jpg
コメント(14) 

87★小沢健二 「痛快ウキウキ通り」  [邦楽]

本当に大切な事っていうのは、時には裏側でそっと輝いている事がある。
ただそっと、だけど強烈にね。

ひっくり返してみればすぐにわかるさ。
本当はどっちが表なのか。

このレコード、タイトル曲ももちろん良いけれど、重要なのはB面。
「流れ星ビバップ」なんだ。

「ただ激しい心をとらえる言葉をロックンロールの中に隠した」って歌詞が胸に刺さる。

まるでこのレコードの事をそのまま表しているみたいだ。

小沢健二 「痛快ウキウキ通り」
nagareboshibebop.jpg

----------------------------------------------------------------
CULT FLOWERSのユースト、今月は9月30日(日)21:00~配信します。

メンバー三人でお気に入りのレコードを紹介します。
今回のテーマは「秋の夜長に聴くなら」

CULT FLOWERSの「涙のチェルシーブーツコレクター」 
9月30日(日)21:00~配信 

http://ustre.am/NCSQ


コメント(0) 

79★THA BLUE HERB 「STILLING,STILL DREAMING」  [邦楽]

THA BLUE HERBが好きです。

とても強くて、すごく優しいから。

僕はブルーハーブを聴く時はいつも、
スピーカーの前に座り微動だにせず息をひそめながら聴く。
言葉のひとつひとつを聴き逃すまいと。
言葉をつぐむトーンを感じ逃すまいと。
言葉を発する感情の温度を捕らえ逃すまいと。

そしてその全ては、僕の精神の本棚の奥へと強く優しく深く突き刺さる。

言葉と言葉を繋ぐ微かな呼吸の音さえも、重要なメッセージだ。

C面の一曲目「孤憤」には、曲中、一度だけ訪れる奇跡の瞬間がある。
その瞬間は、このレコードで何より大事な場面。
そして最も胸に強く突き刺さる瞬間。

僕は、THA BLUE HERBの青い花が咲く札幌の街、
同じその街でバンドを始めた事、そこで育って来た事を、誇りに思います。


THA BLUE HERB 「STILLING,STILL DREAMING」
thablueherb.jpg


コメント(4) 

77★FLIPPER'S GUITAR 「海へ行くつもりじゃなかった」 [邦楽]

熱帯夜の真ん中、家のベランダを中央線が横切って行くよ。

相変わらず音楽の事ばかり考えている。
青いバンドと水色のレコードと黒いギターについて。
それに最近は映画の事も考えてるかな。
撮影はとても楽しいよ。

そういえば、札幌の弾き語りから帰ってきて、東京でのライブ、
カルトフラワーズのライブと弾き語りのライブ、ありがとう。楽しかった。

横浜BBストリート
新宿ロフト
三鷹おんがくのじかん
三鷹の路上
吉祥寺GB
池袋ADM

ありがとう。

あ、あとユーストの弾き語り配信ね、これはまた今月28日にやる予定です。
こないだのは試験放送だったからね、次回からが第一回です。
色々決まってきたらまた告知します。


熱帯夜の真ん中、家のベランダを中央線が横切って行く。

「海へ行くつもりじゃなかった」

今この世界はきっとそんな気持ちで作られているからさ、
明日ギターを買いに行くんだ。
歌を歌わなくちゃいけないんだ。
君の心にも届くように。


FLIPPER'S GUITAR 「海へ行くつもりじゃなかった」
threecheers.jpg


コメント(0) 

74★PISTOL BOOGIE SUICIDE 「DESPERADO」 [邦楽]

PISTOL BOOGIE SUICIDE 「DESPERADO」

札幌の友達、ジョマのバンド。
去年の誕生日にジョマが送ってくれたCD。

このアルバムの5曲目「クレイジーダイヤモンド」という曲が大好きだ。
この曲はきっと俺には描く事の出来ない優しさの歌だ。
誰にも描けない、きっとジョマにしか描けない優しさの歌。
だから大好きだ。

「誰もぼくの絵を描けないだろう」って友部正人が歌っていたとおり、
僕の歌は僕にしか作れないし、ジョマの優しさはジョマにしか歌えない。

他の誰にも作れないこんなに優しい曲を、自分の友達が作ったと思うとすごく嬉しい。
そしてこの曲のテーマをジョマから聞いた時は、もっと嬉しくなった。

また札幌でレコードの話をたくさんしよう。

pistolboogie.JPG

12曲目の「ベイビーブルー」も最高!!


コメント(2) 

66★小沢健二「LIFE」 [邦楽]

最近ヤフオクで安く手に入れたDENON製のアンプ、オーディオのね、
これがめちゃめちゃ音がいい。

今まで聴こえなかった音が聴こえてくるんだよ。
「あれ、この曲こんな音入ってたんだ」みたいなのがたくさんあってさ、
もう音楽聴くのが楽しくてしようがない。
歌もすごいんだよ!
何度も何度も聴いた曲のはずなのにじっくり聞き入っちゃうの。
とくに音数の少ない曲なんかは息止めてまで聴いちゃうね。

もう一日中スピーカーの前でレコード聴いてたいもんね。
持ってるレコードとCD片っ端から全部聴きなおしたい。
でもそんな時間ないや。少しずつ聴いてこう。

小沢健二「LIFE」

このアルバム、僕はすごくいいアルバムだと思う。
赤裸々に綴られた人生のサウンドトラック。

嘘なんかどこにも見つけられない。

ozaken.JPG

最近家で曲をたくさん書いてるよ。
早くバンドでやりたいね。


コメント(4) 

57★ FLIPPER'S GUITAR 「カメラ・トーク」 [邦楽]

写真展があるんだよ。

まだちょっと先の話だけど、12月22日~12月27日。
時間 16:00~22:00 土・日・祝11:00~22:00

場所は、
『下北 アート スペース ギャラリー』(東京都世田谷区北沢2-9-3 久冨ビルB1F)
TEL 03-5433-4502
http://www.shimokita-art.com/


誰の何の写真展かっていうと、
CULT FLOWERS結成当初からずっとライブの写真や、アーティスト写真を撮ってくれている、
「王 聖美 Seibi OH」さん。彼女の写真展。

カルトフラワーズをモデルに出展してくれました。
嬉しいなぁ。ありがとう王さん。

CDのジャケットの写真も彼女が撮ってくれたんだよ。
愛のある素敵な写真をね、結成当初からずっと撮ってくれています。

カルトフラワーズの歴史は彼女のカメラの中にあるんだよ。うん。

ライブと同じように、この写真展もたくさんの人に見てもらいたい。
入場無料のはずだよ。
本当に素敵な写真だから見てほしいなぁ。



そして最近、熱いメールを何度も何度もくれて、
その熱意にスタッフとしての手伝いもしてもらい始めた、
フォトグラファー「Shigeta kobayashi」。
UK好きの熱き青年。ロックフォトグラファー。

彼のサイトでもCULT FLOWERSの写真がUPされています。
http://rearhythm.com/

ありがとう!!


写真をうまく撮れる人ってすごいと思う。
だって俺ロンドンやニューヨークで写真撮ってきたけど、
本物の風景に比べたらほんとガッカリするような写真しか撮れないんだもん。
現像してみて「あぁ、実物はこんなもんじゃないのになぁ」って思う。
俺が見た風景と違うよーって思うんだ。

でも彼女や彼は実物と寸分も違わない素敵な瞬間をフィルムに焼き付けるんだよ。
いや、むしろ実物以上かもね。

だからね、こっちも必死だよ。
油断したらやられるんだ。

被写体として彼女や彼の才能に負けないように頑張らないと。
ライブは真剣勝負だよ。


何年か後に、いつかみんなで笑いながら記念写真が撮れたらいいね。
使い捨てカメラかなんかで。

そんな日が来たら最高だね。
お互い頑張ろう。


FLIPPER'S GUITAR 「カメラ・トーク」
cameratalk.JPG


コメント(8) 

44★ あがた森魚「乙女の儚夢」 [邦楽]

札幌ライブもパンクの日フリーライブも本当に楽しかった!
たくさんの人が見に来てくれて嬉しかった。ありがとう。

ライブとスタジオの繰り返しで気がつけばもう8月だよ。
早いよなぁ。
8月に入るとなんだか急に夏の終わりの気配を感じて少し寂しくなるよね。
なんか夜風が7月のとは違うんだよ。気のせいか。

ここ数年8月になるとよく聴くレコードがあって、
それがこれ。
あがた森魚「乙女の儚夢」

これ、多分初めて聴く人は暗いし、淋しいし、気持ち悪いし、悲しくなるレコードだよ。
俺これ買った時、レコ屋のおっちゃんに「ずいぶん暗いの聴くねぇ」なんて言われたもんな。
そうだよな。暗いよこれ。これブルースなんだよ。日本のブルース。
曲調の話じゃないよ。心の中の話。

このレコードに宿ってる悲しさって多分、子供の頃に無意識に感じてたはずなんだよ。
それが悲しいって感覚として認識してたかどうかは別として。
ほんとに無意識なとこでだよ、だって憶えてるもん。
このレコード聴いて思い浮かぶ風景と一緒なんだ。
例えば、おばあちゃんの家に親戚の知らないおじちゃんとかが集まった時の
夜の感覚っていうか、で、そこにある酒瓶の感じっていうかさ。
ラジカセから流れてくる演歌だったりさ。
子供ながらに異性と意識しためったに会わない親戚のお姉さんの香水の匂いの感じだったり、
なんか子供はちっともおいしいと思わない、お膳に出されたちょっとしたおつまみの料理だったりさ。

それが子供の頃には何だかわからなかったんだけど、
あれは悲しさだったんだな。きっと。
大人の世界の人生の、生活の、悲しさだったんだな。
日本の生活感から滲み出るブルースだったんだよ。

この感覚がわかるようになったって事は俺大人になったんだな。

日本の8月の悲しさがこのレコードの楽曲によく合うんだろうね。
今はとても心地よく響いてくるよ。

agatamorio.JPG


コメント(3) 

43★ コーネリアス「THE FIRST QUESTION AWARD」 [邦楽]

あしたは札幌でライブだよ。
うん、楽しみだ。

今、正直に言うと、
俺は昔から他の札幌のバンドマン達のような札幌に対する愛が足りないんだと思う。
ほんと最初からずっと。
周りを見ていると何だか俺はどっか欠落してるんじゃないかって思うくらい。
昔からずっと札幌よりも東京が好きだったし、ロンドンやニューヨークに憧れてた。

ザ・ライラックをやっていた時もひとり最初から最後までずっと東京に移住したがっていたし、
2度目くらいの全国ツアーの時点で、東京を拠点に活動しているバンド達をたくさん見て
札幌を拠点に活動することに常に限界を感じていたしさ、
そこで活動していく中での葛藤や苛立ちがほんと山ほどあった。

テレビや雑誌なんかの取材で「みなさん札幌を愛していますねー」なんて言われても、
俺は「ふん、そうでもないよ」なんて思いながら心ない返事をしていたもんだよ。
正直に言うとね。

そもそもたまたま偶然、俺達は札幌でバンドを組んだだけの事。
元々東京で活動した方がいいってずっと思っていた上に、
全国を回って色々な街を見てさ、なおさらここが全てじゃないって否応無しに思ってしまうわけさ。
まぁ当時周りはこんな俺の考えあまり理解してくれなかったんだけどね。

で、こうして東京に移り住んでさ、
友達との別れや、恋人との別れや、環境が変わったり、いろんな出来事があってさ、
今やっと少しだけ故郷ってものを好きになれた気がするよ。

また住みたいとは決して思わない。
ただ、そこで起きた出来事や、そこで培ったこと、
もう今じゃセピア色に変わってしまいそうな当たり前に過ごしていた日々なんかが、
少し遠くから客観的に眺められるようになって、
今やっと少しだけそんな日々を愛しく感じられるようになったってことだな。きっと。

今なら少しは札幌好きだよって言えるかな。
ライブも楽しみだ!


今日のレコードは、18の時、札幌に引っ越して来て最初に買ったアルバム。

コーネリアス「THE FIRST QUESTION AWARD」
青春だよ。
平岸の街が今でもはっきりと目の前に広がるよ。

cornelius.JPG


コメント(6) 

40★ 皇天PUNKIES「くそまみれの日曜日」    [邦楽]

牧瀬菊千代に捧げる。

「牧瀬菊千代」
誰って?
「皇天PUNKIES」のボーカリスト。
知らないって?
当然。
皇天PUNKIESは、94年、北海道紋別市で結成されたアマチュアパンクバンド。
活動期間は多分2年無いくらいかな?
発売された音源は自主制作のCD一枚だけ。
で、牧瀬菊千代はカリスマなのさ。
永遠のパンクヒーローだよ。

94年当時、ロックンロール界じゃブランキージェットシティが人気があった。
僕はブランキージェットシティは嫌いじゃ無かった。
だけど好きでも無かった。

僕は別に馬鹿でかいアメリカンハーレーにまたがる事に憧れてはいなかったし、
僕らの生きるこの陳腐な社会との決別の象徴のような刺青を入れたいと思ったことも無かった。
つまり僕はBLANKEY JET CITYの住人では無かった。
ブランキージェットシティは向こう側の人。
僕は相変わらずこの陳腐でくだらない世の中で毎日を生きる人だ。
そんな気がしてた。

で、そんな好きでも嫌いでもないブランキージェットシティがゲストで出るっていうんで、
当時、NHKでやっていたバンドコンテスト番組「BSヤングバトル」を
僕は友達の家でのほほんと見ていた。

つまらないアマチュアバンドの退屈な歌と演奏が続き、
「早くブランキー出ねーかな」なんて思ってた時、そのバンドは登場した。

脳天パンキースと紹介されたそのバンド。
(NHKだから皇天はマズイらしく脳天と表記されてたみたい)
ボーカルはセーラー服を着ていた。
BLANKEY JET CITYの住人達から笑われそうなスタイルだ。
ちなみに「牧瀬菊千代」とはステージネームで牧瀬菊千代は男。
終始道化を演じながら、司会の人や審査員とのやりとりが終わり曲名が告げられる。

タイトル「あー」

セーラー服におかっぱアタマで、ギラギラの目玉をひん剥いて吐き出されたセリフ。
「僕たち今でもゴミですか」
そのギラギラした目つきからすでにこの男が只者じゃない事は容易に想像できた。
そして曲が始まった。
恐ろしく下手な演奏。スライドギターのイントロに続き歌が入る。

「僕が流した何万もの涙をいつかあなたに飲ませてあげたい
きのうとは違った明日を守るためとりあえずは土下座してやるよ」
「何べんジャマされったってやだ いつまで笑われたってやだ
強い力が動いたってやだ 子供の生き方見せてやるよ あー」


最高だった。

ブランキージェットシティなんてどうでもよくなった。

ざまあみろと思った。

僕と同じ場所で生きる、ひとりのおかしな格好をした若者が、パンクが、気狂いが、
この陳腐でくだらない世界に、
そこで上手くのうのうと生きて行ける悪いひとたちに、
はたまたそこで生きる事と決別しBLANKEY JET CITYへと逃亡した不誠実な不良達に、

そのすべてに勝った瞬間だった。


皇天PUNKIES「くそまみれの日曜日」 
notenpunkies.JPG


どうしてこんな事書いてるかっていうとね、
牧瀬菊千代がカルトフラワーズを見に来てくれたんだよ。
わざわざ調べて見に来てくれたんだよ。
もちろん初対面。

本当に嬉しかった。
ありがとう。


コメント(9) 

33☆ サンハウス「有頂天」 [邦楽]

この日は吉祥寺でめんたいロックのゴッドファーザー、
菊さん率いる「Zi:LiE-YA」と対バンでした。

目の前で観る菊さんは膨大な歴史を背負って立つロックンロールモンスターでした。

日本のロックンロールを切り開いた偉大なる大先輩に敬意を払いつつ、
でもひとたびステージに上がったらそんな事は関係ねえ。

ステージの上じゃどいつも対等。
対バン全部ボコボコにしてやる勢いでやってるよ。
そうさ、時代は変わったんだ。ロックンロールは俺達の時代さ。

昔僕がめんたいロックから教わったことって
そういう事だったんだ。

菊さん、
僕はあなた達から教わった事を今でも忘れずにロックンロールしています。

サンハウス「有頂天」
sunhouse.JPG


コメント(0) 

31☆ RC・サクセション「初期のRC・サクセション」 [邦楽]

RC・サクセション「初期のRC・サクセション」

このアルバムに入ってる「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」って曲が好きだよ。
去年の大晦日のライブでカバーした。楽しかったぁ。

いい曲だよ。コード進行もにくい!
コードの使い方がお洒落なんだよな。

歌詞もいいなぁ。
「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」ってストレートで、でも哲学的。

そして多分死んだらさ、
「金もうけのために死んだんじゃないぜ」だよ。

最高じゃん

rcsuccession.JPG
コメント(0)