So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

93★The Jesus and Marychain 「upside down」 [洋楽]

このレコードはとてもロマンチックだよ。

青白く燃え上がる炎。
果てしなく続くノイズの向こう側で、
歴史が始まる瞬間とその断片が煌めいている。

このレコードがイギリスのラジオから流れてこなきゃ、
my bloody valentineもoasisもいなかったのかもね。

俺達も冷えたアスファルトみたいな炎で、
光の歌を鳴らしに来たんだよ。

------------------------------------------------------------------
■2014年5月23日(fri) 下北沢Daisy Bar
OPEN 18:30 START 19:00 TICKET ¥2,000+1drink
出演)
CULT FLOWERS
THE CROW NEST
THE WAKW UP HONEY
キンキーサロン
ザ・タリホーズ
※カルトフラワーズの出番は4番目で、21:00~出演予定。

■2014年6月5日(thu) 下北沢CLUB Que
OPEN 18:30 START 19:00 TICKET ¥2,300/¥2,500(1drink)
出演)
CULT FLOWERS
つづくバンド
GABA
ELECTRIC LUNCH
※カルトフラワーズの出番は2番目で、19:40~出演予定。

※チケット予約は日付、名前、枚数を明記してcultflowers@yahoo.co.jpまで。
------------------------------------------------------------------

The Jesus and Marychain 「upside down」
thejesusandmarychain.jpg



コメント(1) 

92★THE LIBERTINES 「TIME FOR HEROES the best of THE LIBERTINES」 [洋楽]

4月22日、クロマニヨンズのライブ会場でリバティーンズの再結成ライブの日を知った。
ロンドンハイドパーク、7月5日。

ああ、なんて事だろう!!その日ちょうど俺ロンドンにいるんだ。

クロマニヨンズのライブとリバティーンズ再結成が同時に降り注いだ4月22日を、
僕はきっとずっと忘れないと思う。

東京に住んでからの7年間、僕の身体にはいつだってリバティーンズの歌が流れている。
この世界にリバティーンズよりも最高のロックンロールバンドなんているんだろうかって、
本気で思った。
ロンドンへ行けばきっと少しでも何かがわかる気がして、
少しでも近づけるような気がして、7年間で三度ロンドンを旅した。

どんなにみじめな気分の時だってリバティーンズの歌があれば、
これが何か特別な名場面のような気がして、この世界の主人公は自分なんだって思えてくる。
そしてその上に立って自分にしか歌えない歌を歌ってやろうって気持ちになる。

こんな事を思わせてくれるバンド、僕は他に知らない。
リバティーンズのおかげで東京での7年間が宝石のように輝いている。

ありがとう。

THE LIBERTINES 「TIME FOR HEROES the best of THE LIBERTINES」
timeforheroes.jpg



コメント(0) 

91★THE TIMES 「GO! WITH THE TIMES」 [洋楽]

4月22日、冷たい雨が降りしきる中、
僕はお台場へザ・クロマニヨンズを見に行った。

こうして他人のライブを見るのなんてひさしぶりの出来事。
なんとなく、ただなんとなく見てみようかなと思っただけで、
特に何かその日クロマニヨンズに特別な思いがあったわけじゃない。

何曲か好きな曲はあるし何枚かレコードは持っているけれど、
今はもうテレビから流れて来た時や、街を歩いていて偶然耳に入った時に聴くくらいで。
彼らの曲の全部を今はもう追いかけて聴いているわけじゃないし、
ほとんどの曲を知らない。ライブもずっと見ていないし。

だけどひさびさに僕の目に映る彼らはさ、
14歳の時、北海道の片田舎、釧路市民文化会館大ホールで
初めて見た時と何ひとつ変わらない姿のまま、
10代の頃、僕が夢中で追いかけた時の彼らのままそこに立っていた。
何ひとつ変わらずに、そう何ひとつも変わらずに。

だから僕も14歳の時初めて見た時とおんなじ、後ろの方で突っ立ったまんま、
ひとり黙りこくったまんま、微動だにせず見ていたんだよ。

ひとつだけ変わったなと思う事は、それは永遠を歌うようになったって事。
それがなんだか僕はすごく泣けてきて本当に嬉しかった。
もうそれだけで充分だった。

変わらずにいてくれてありがとう。

あなた達の歌を聴いて歩き出した僕は、
何ひとつ変わらず今もステージに立っています。

いつかとなりへ行くよ。憧れの。


今日は時間の話をしたからこのレコード。
THE TIMES 「GO! WITH THE TIMES」
泣きそうなメロディーと下手くそなギターポップモッドパンク!
最高さ。本当に。

thetimes.jpg


コメント(2) 

90★THE SIDDELEYS 「WHAT WENT WRONG THIS TIME?」 [洋楽]

ひとりでやるライブって何やったって自由だし、
誰にも怒られないし、全部自分の思い通りに出来る。
何から何まで。

でも四人だとそうはいかない。
不自由さと思い通りにはいかないストレスがあって、
そこには摩擦や歪みが生まれるし、
一瞬の宝石を輝かせるための膨大な量のゴミを背負わなくちゃいけない。

だから好きだ。
そこにロックンロールバンドのドラマとロマンがあるはずなんだ。
僕はそう信じている。

ひさびさの札幌楽しかったよ。ありがとう。
東京は5月23日、下北沢でやります。

-------------------------------------------------------------------
■2014年5月23日(fri) 下北沢Daisy Bar
OPEN 18:30 START 19:00 TICKET ¥2,000+1drink

出演)
CULT FLOWERS
THE CROW NEST
THE WAKW UP HONEY
キンキーサロン
ザ・タリホーズ
※カルトフラワーズの出番は4番目で、21:00~出演予定。
-------------------------------------------------------------------

このバンドのポップさと不安定さと能天気さが素敵だと思う。
THE SIDDELEYS 「WHAT WENT WRONG THIS TIME?」

thesiddeleys.jpg

 
コメント(2)