So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

53★ Cobain by the editors of Rolling Stone [本]

世界はふたつ。

月と太陽。希望と絶望。愛と憎しみ。
表と裏。夢と現実。嘘と真実。白と黒。
夜更けと夜明け。前と後。昨日と明日。君と僕。

僕たちはその両方を歌わなくちゃいけないんだ。
どっちかひとつじゃだめなんだよ。
片方だけだなんて、何て薄っぺらい事だろう。

楽しいだけの歌は聴き飽きた。
悲しいだけの歌なんてうんざりだ。

両方を歌うよ。

それがこの世界だろ。

cobain.JPG

14年前に買ったカートコバーンの写真集。


コメント(5) 

千のロックンロールが響いてる [その他]

頭の中で千のロックンロールが響いているよ。

こんなロマンチックな夜に。

ああ、これから何が起こるというの?

たーたんとの最後のライブがあるんだ。

新しいベーシストが決まったんだよ。

今、スタジオでは新曲を作っているんだよ。

涙が出そうなブルーの虹についての歌なんだよ。

札幌に持って行くよ。

札幌にライブしに行くよ。

10月25日と26日。

ロックンロールを鳴らしに行くよ。

その前にニューヨークに行ってくるんだ。

確かめなきゃならない事がある気がするんだよ。

それだけだよ。

千のロックンロールが鳴り止まないんだよ。
コメント(2) 

52★ THE 13TH FLOOR ELEVATORS  [洋楽]

俺の左目は視力がほとんど無い。生まれつき。
眼科のお医者さんが言うには、母親のお腹の中にいた時に、
左目の視力だけ発達しなかったらしい。

薄っすらぼやけて見えてはいるけれど、
生まれた時から右目だけで生きている。

右目から見える半分の世界が物理的に見える俺の全世界だよ。

発覚したのは小学生の時の視力検査。
親が心配していたっけ。

でも俺生まれつきだから何の不自由もないし、
なにしろ両目で見える世界を体験した事ないからさ。
半分が見えてないって気がしないんだよね。

きっと俺、両目で見てる人よりも世界が平面的に見えてるはずなんだよ。
遠近感覚が無いと思うんだ。

だから遠くのもんでもすぐ掴める気がするんだよ。
幸せとか栄光とか。
おまけに左目で物質的なもんを見れない代わりに、
そうじゃないもんがたくさん見えてると思うんだよ。
観念的なもんとか。


ねぇテッシー、
テッシーの右目と俺の左目は同じ光景を見てる気がするよ。
君がいつか見たニューヨークを俺も見に行ってくるよ。

俺達は絶望ニュージェネレーションさ。
世界の終わりを見に行こう。
バカ笑いしながら。
口笛を吹きながら。

曲は何にしようか?
「冬の散歩道」なんていかしてんな。

THE 13TH FLOOR ELEVATORS
13thfloorelevators.JPG


コメント(2) 

51★ THE KILLS「KEEP ON YOUR MEAN SIDE」  [洋楽]

きのうのライブ楽しかったなぁ。ほんと。

ひさびさのライブで、ひさびさって言っても17日ぶりだけど、
なんだか少しだけライブの感覚から遠ざかってると、

あれ?人生って、生活ってこんなもんだっけ?
うん、そうかもな、こんなもんだったよな。

なんて思ったりもするんだけど、

ライブハウス着いてメンバーに会って、リハで馬鹿でかい音出してギター弾いて歌歌ってると、
「おうおうそうだよ、これだよ、これだよ!この感覚だよ」ってなって、
ロックンロールだよバカヤローってなって、
他の事全部どうだってよくなったりするね。

うん、幸せモンだよ。ほんと。

これが死ぬまで続いたら最高だ。
がんばろー。

そういえば、このブログ意外なとこで意外な人が見ててくれたりするんだね。
嬉しいねー。
がんばって更新しなきゃね。
俺油断するとすぐ更新怠るからなぁ。


あ、そうそう、
10月にまた札幌でライブするよ!
10月25日と26日、
新しいベーシストで。イェイ!

詳細は近々。

THE KILLS「KEEP ON YOUR MEAN SIDE」 
thekills.JPG


コメント(0) 

50★ RAMONES「ラモーンズの激情」  [洋楽]

この世界は狭くて広いからどこへでも行ける。
全部繋がってるんだよ。

あ、ロックンロールの話だよ。

パンクから行き着いた果てのブルースとか。

グランジの急流を下った先のソウルとか。

マッドチェスターに目を回して倒れこんだデトロイトテクノ。

何処へだって行けるし、行っちまえばいいんだよ。


で、いつか戻って来る時がきっとあって、
そん時にさ、
要は最初のやつを最初と同じようにカッコイイと思えるかどうかだよ。

必要無くなってるんならあんたはロックンロールから見放されたのさ。
残念だけど。

今でもビリビリしびれてんなら、どこで何を鳴らしてたってOKだろ。

例えばこれ。
RAMONES「ラモーンズの激情」

今でも最高かい?

ramones.JPG

ディーディーの皮ジャンいかしてんなぁ。


コメント(2) 

49★ THE DEAD WEATHER「HOREHOUND」  [洋楽]

嵐を起こしたい。
まったくもって退屈なんだよ。

くだらないTVショー。
破廉恥なヒットチャート。
もう何十年も続いてるワイドショーのような空っぽの言葉達。

「ああ、つまらないぜ」ってズタボロのコンバースが嘆いてる。
シュールレアリスムの亡霊を引きずったまま。

本来スニーカーは嘆くもんじゃないって?
そりゃそうさ。
だけどいつもいつも嘆いているんだよ。
アンドレ・ブルトンが発明した月明かりの下で。

1977年、ロンドンで燃え上がった煙に魂を売り渡した。
1991年、ティーンスピリットの匂いに揺さぶられた。
2002年、放蕩者が奏でるメロディーに涙をこぼした。

そんな俺達に今何が出来るって?

答えは風の中だって?

いや違うな。

その風を起こすんだよ。
それも強風、ひどく強引な嵐をだよ。

THE DEAD WEATHER「HOREHOUND」
thedeadweather.JPG


コメント(0) 

48★ THE MAYTALS「NeVER GROW OLD」 [洋楽]

もう秋ですか?

認めたくないわー。

まだ夏でいたいよ。

だってまだ北海道の一番暑い時と同じくらいの気温だもん。
もう少し夏ってことにしとこうぜ。
セミもまだ命を鳴らしてることだしさ。
せめてセミの演奏が終わるまでは夏ってことに。

もう日付変わったから昨日か。
吉祥寺でライブでした。
来てくれたみなさん、ありがとう!
今日はアンコールもやって楽しかったなぁ。

次のライブまで17日も空くんだよね。
こんなに空くの初めてじゃないかな。

また9月20日に会いましょう。

さて、まだまだ夏気分で行こうぜ!
悪あがきしよ。
お香焚きながらスカのレコードでも聴こう。

THE MAYTALS「NeVER GROW OLD」

スカはやっぱ70年代後半のリバイバルよりも
60年代のオリジナルに限るね。

札幌のスープカレー屋思い出すなぁ。

themaytals.JPG


コメント(2)