So-net無料ブログ作成

朝に真夜中を詰め込んだ [ロンドン日記2012]

わかってはいたけど、帰りの荷物は来た時の10倍くらいになっている。

ボストンバッグを肩から下げ、さらにレコードや服が大量に入った
でかいトートバッグを二つ両肩にぶら下げて歩く。

それで最後にソーホーへ行き、7ポンドで見つけた
マンチェスターの写真集をカバンの隙間に詰め込んだ。

さあ帰ろう、東京の街へ。

ロンドンの街に三度目のさよならを。

2012london009.jpg


コメント(4) 

朝顔のように歌うだろう [ロンドン日記2012]

ビッグベンの角を曲がって、真っ直ぐ北へと。
突き当たるのはトラファルガー広場。
階段に腰をかけてひと休み。

それからまた北へ登る。道が開けたならそこがソーホー。
エロスの像から周りを一度見渡して、
ルパートストリートを真っ直ぐと行くんだ。

青春をくぐり抜けるように行けば、いずれは目抜き通り、
オックスフォードストリートへと突き当たるだろう。

そういや君に言い忘れてた事があった。

真っ直ぐに歩き続けた突き当たりの、
その一歩手前で、何となくただ何となく後ろを振り返ってみる。

そこにはもしかすると一輪の朝顔が咲いているかもしれない。

でもこれは全部僕の想像の話。
本当の事は行ってみなくちゃわからないって、
きっとロックンロールバンドは歌うだろう。

最後の夜に。

2012london008.jpg


コメント(0) 

歌とメイフェアを歩いている [ロンドン日記2012]

ロンドンの地下鉄はとても美しいと思う。

色や形。マーク。路線図。
アーチ状の通路とエスカレーター。薄くかかったもやと独特の匂い。
「MIND THE GAP」のアナウンス。シートに放り投げられたニュースペーパー。

その地下鉄に揺られて、たどり着いた駅の階段を登り出口を出た時、
目の前に広がる光景が初めて見る夜のピカデリーサーカスなら、
誰だってロンドンの街が特別な街だって思うに違いない。


この日もカムデンのマーケットへ行ったんだよ。
スカーフや服やレコードをたくさん買ってパブでひと休み。

戻る頃には強く降り出した雨と、雨上がりのセントジェームス。
白い陽射しとメイフェアを歩いたら、今夜もまたソーホーへ行こう。

何度同じ場所へ来ても、何度同じ道を歩いても、僕はそれでかまわない。


2012london007.jpg


コメント(0) 

イーストエンドには白いシャワー [ロンドン日記2012]

そういえば今回はウエストブロンプトンってとこにあるホテルに泊まってて、
このホテルが安い割りにすごく快適。

フリーのwi-fi使えるし、部屋も綺麗でそこそこ広いし、そして朝食がおいしい!
5ポンド追加すると食べられるイングリッシュ・ブレックファースト。

ソーセージとスクランブルエッグ、焼きトマトにベイクドビーンズ、
オレンジジュースと紅茶で、
ニックヘイワードの「From Monday to Sunday」を思い出しながら、
ゆっくりと食べる。

背筋をピンと伸ばしてね。姿勢が大事。モッズだからね。
「だるい」って言葉はモッズには禁句だ。COOLじゃないから。

そんなふうにモッズ気取りで朝食を済ませたあと、
イーストエンドのストリートマーケットへ。

強い日差しが降り注ぐイーストエンドの街はまるでサイダーの泡のように綺麗だ。

ノッティングヒルへもう一度行こう。
サイダーの泡のようなレコードをたくさん買わなくちゃ。

今夜はダブリンキャッスルへ、ライブを見に行こう。

カムデンからの帰り道にはシャワーのような雨が降っている。

2012londo006.jpg


コメント(0) 

ステラ・アルトワに溺れながら [ロンドン日記2012]

ロンドンの街を歩くならトレンチコートか、ピタピタの革ジャン。
トレンチコートならボタンダウンシャツ、で、革ジャンならタンクトップ。
足元はチェルシーブーツかタッセルシューズ、
カムデンのストゥールで買える古着の革靴か、今年ならラバーソールさ。
スカーフもストールも巻き方が肝心で、トートバッグはヨレてる方がいい。

コヴェントガーデンで服をたくさん買おう。
カーナビーストリートへも行こう。
サウスモルトンストリートもいいし、
オックスフォードストリートを挟んでメリルボーンレーン。
ボンドストリートは高くて相変わらず手が出ないけど、
でもバーバリーで偶然流れた「What Katie Did」はとてもロマンチック。

プリティーグリーンは少し趣味が違うね。
僕はクープルズが好き。
だけど気にせず、今夜もパブへと行くのさ。

ステラ・アルトワ パイント プリーズ。

2012london005.jpg


コメント(0) 

バーウィックストリートの青春 [ロンドン日記2012]

今年のロンドンはとにかく寒いみたいで、
2年前に来た時にはTシャツでも暑かったのに、
今年は街を行く人達もみんなコートを着たり、革ジャンを着たり、
マフラー巻いたり、モッズパーカー着てる人までいたよ。
その横でTシャツ一枚で歩いてる人もいたりする。

この日はとにかく行ける限りのレコード屋を全部行ってやろーと思って、
街中たくさん歩き回った。

レコードはロマンさ。
そう、海外で買う中古盤って知ってる?ジャケットがいい匂いするんだよ。
うまく言葉で説明出来ないけど、とてもいい匂い。
日本と違って、ロンドンもニューヨークもカビが生えないからってのが理由らしいんだけど、
きっとあれは青春とロマンの匂いだ。

その青春とロマンをたくさん買った!
何軒も何軒も回って。

前に行った店で無くなってる店がいくつかあった。
この前のノッティングヒルの店もそうだけど、やっぱロンドンのレコード屋も厳しいんだね。

でも俺最後のひとりになってもレコードを買い続けるよ。
だから世界中のレコード屋さん、最後までレコードを売り続けておくれ。
まだ俺がいるぜ!

青春とロマンと引き換えにくたくたになった足を引きずり、
夜はソーホーのパブへ。
地下に潜り込んでライブを見た。


2012london04.jpg


コメント(0) 

ガラクタを宝石のように鳴らせ [ロンドン日記2012]

地下鉄を乗り継ぎイーストエンドへと。

たくさんの古着屋や休日のストゥールが並んでいて、
ガラクタもアンティークもここじゃ気分次第で紙一重だよ。

今は再開発されて治安も改善されて、
ガイドブックではおすすめスポットなんかにもなってるけど、
この辺りは元々は移民街で昔は治安も良くなかったらしいね。

前回も来たんだけど、平日だったんでそれほどじっくり見れなかった街。
あ、この街にもラフトレードがあるんだよ。
ノッティングヒルの店舗よりもちょっと小綺麗でかなり広いんだよ。

で、イーストエンドのあとは大好きなカムデンヘ。


ロンドンの街は突然雨が降っては、何事もなかったようにまた太陽が照りつける。
たくさんの人種と数え切れないほどの価値観。
眩しいほど青い空の下で、屈辱と敗北の歴史はどこまでも重くのしかかる。

「あんたのちっぽけな個性なんてまるで誰にも気にされないまま、
ただのすきま風に虚しく吹き飛ばされるだろう」

街にけたたましく鳴り響くサイレンの音はそんな風に聴こえるかもしれない。

この雑踏の中から這い上がって見せるってのはきっと並大抵の事じゃない。

「Don't look back into the sun」
「I fought the law」
「God save the Queen」
「My Generation」

だけど、どれもこの雑踏の中から掻き鳴らされた音だ。


2012london003.jpg


コメント(0) 

地上駅と冷えないスタウト [ロンドン日記2012]

リージェントストリートでは派手なパレードが続いていたんだ。

ソーホーやオクックスフォードサーカスを歩いたあと、
ノッティングヒルへ行ったんだったかな確か。
大好きなポートベローマーケットへ。

やっぱりロンドンのストリートマーケットは何度来ても楽しいし、
ラフトレードの店員のおじさんはいつも陽気で親切だ。
何軒かあるレコード屋のうちのひとつが無くなっていたのは
ちょっと寂しかったけどね。

買い物をしたりしながら少しずつ英語の感じとか、
ロンドンでの人とのやりとりの感覚を取り戻していく。

そうそう、こんな感じだった。
言葉の通じない国にひとりでいるこの感じが僕は大好きなんだ。


夜には人で溢れかえるソーホーへ。
誰もかれもビールを片手に、とにかく物凄い数の人。

カーナビーストリートのパブに入り、ギネスとフィッシュ&チップスで乾杯。

ロンドンウィークエンド。
まだまだ二日目だ。


2012london002.jpg


コメント(0) 

ピカデリーラインは東へと [ロンドン日記2012]

やあ、やあ、こんばんは。
ひさしぶり。

もう一ヶ月も前の話になるけれど、ロンドンでの事を書こうと思います。

ちなみに日記の日付けはロンドンに滞在した日付けになっているけど、
書いているのは一ヶ月も過ぎた8月です。

何を書こうかな、もうロンドンも三回目だからね。

そう今回もね、ひとりで行って来たんだよ。
北京を経由してね。

乗り継ぎがあるから、飛行機に乗っている時間は15時間くらいかな。
かなり長いんだけどさ、これが僕はこれといって苦痛じゃない。
機内食はおいしいし、コーヒーもビールもおいしい。
僕はどこでも眠れるし、
それに、遠く長い空の上で思いつく事なんていくらでもあると思う。
退屈なんてしないよ。


2年ぶりに着いたヒースロー空港。
ロンドンの匂い。

ドキドキする。

ホテルに荷物を置いたらピカデリーサーカスへ行こう。
目的なんてないけれど。
ピカデリーサーカスへ行きたい。何度でも。


2012london01.jpg


コメント(2) 

こぼれた発泡酒 [その他]

チェック、チェック、ワンツー
あー、あー、はー、はー、聞こえてる?

ヘイ、ヘイ、あーあー、聞こえてますか?

ひさびさだからちょっと緊張するんだ。

調子はどうって?
うんうん、僕は何も変わらない。

レコードを買って、レコードを聴いて、
ギターを弾いて、曲を作って、三人でスタジオに入ってるよ。
何度か路上でも歌ったな。

つまりは燃え続けてる。

で、最近は三人でレコーディングをしてて、これがすごく楽しい。
機材を買って全部自分たちでやってるからほんと楽しい。

俺たちは元気だよ。
みなさんもどうか元気で。

今週末からロンドンへ行ってきます。
それじゃ、また。

lodonweekend.jpg


コメント(9)