So-net無料ブログ作成

65★SEX PISTOLS「Never Trust A Hippy」 [洋楽]

マルコム・マクラレンが亡くなったね。

僕はジョニー・ロットンが好きだった。
15歳から17歳の頃はずっとジョニー・ロットンになりたかったんだよ。

セックス・ピストルズが好きというよりは、
ジョニー・ロットンがいるからセックス・ピストルズが好きだった。

シド・ヴィシャスはルックスは良かったけどそれほど憧れなかった。。
マルコムもスティーブ・ジョーンズもポール・クックも特に好きではなかった。
キライではなかったけれどね。

とにかくジョニー・ロットンが好きだった。

15歳の頃、持っていたシャツとジーンズを破いた。
僕の住んでいた田舎町にはセディショナリーズのシャツなんて売っていなかったし、
どうやって買ったらいいのかもわかんなかった。わかったところで買えるお金も無かった。
だから手っ取り早くパンクの格好をするには、持っていたシャツとジーンズを破くくらいしかなかった。
あとは家にあった安全ピンをたくさんつけて。
かかったお金は0円。
人生最初のパンクファッションだよ。

着ている服を破くっていう、物理的にはマイナスの行為が、
ファッションとして成立してしまうなんて最高だった。

それは壊すという行為によって、逆説的に新しい表現(商品)を創造してしまった、
正にパンクロックの象徴だ。

マルコムとジョニーの間には色々あったんだろうけど、
ジョニーをセックス・ピストルズのボーカルとして見つけ出したことが
マルコムの最大の功績だと思う。

ありがとう。
あんたの選んだボーカリストは最高だったよ。

高校の修学旅行の時、小遣いの大半をピストルズのブートに費やした。
青春の海賊盤。その中でも最高に音質の悪いやつ。

SEX PISTOLS「Never Trust A Hippy 」
sexpistols.JPG

あ!あとリバティーンス再結成のニュース!!
最高!!!


コメント(3)